N-NT工法

【溶接部 】
 TEL 072-875-3934
 FAX 072-875-3914

【鉄筋工事部 】
 TEL 072-874-7117
 FAX 072-874-7223

設計・施工の進化に対応する鉄筋溶接継手工法「N-NT工法」

日本建築センターA級評定取得

平成12年 建告第1463号 (財)日本建築センターA級評定 BCJ評定-RC0240-04
N-NT工法は、当社が独自に開発した最新の鉄筋溶接継手工法です。2本の鉄筋の間に半円形の継手スリーブを装着し、適正なルート間隔と軸芯を保持した後、炭酸ガス半自動溶接により強固に接合します。




ムービーをご覧いただくには以下のプラグインソフトをインストールすることで、ご覧いただけます。ソフトが無い方は以下の各サイトよりダウンロードください。

N-NT工法 接合風景

接合風景

N-NT工法 接合部

接合部


本工法は、平成12年5月31日公布の建設省告示第1463号に基づき、一般財団法人日本建築センターより、平成28年11月16日に「A級評定」を取得しております。
(2015年「建築物の構造関係技術基準解説書」に示されている「鉄筋継手性能判定基準」によるA級継手の性能を有しております。)

工期短縮に貢献! 先組工法や先行配筋などに対応

N-NT工法で接合した鉄筋は縮みがほとんどなく、先組工法、PC工法、逆打ち工法、開口部閉鎖への対応が可能です。鉄筋組み立て後の施工ができるので、工期短縮やコストダウンに貢献します。また、継手位置は設計内容によっては全数継手(いも継手)が可能です。

PC工法

PC工法

先組工法

先組工法

接合部の信頼性向上!「超音波探傷検査」で溶接部を全断面探傷可能

これまでの継手工法は、超音波探傷検査で死角になる部分がありましたが、N-NT工法は幅が狭い改良型継手スリーブ(トンボ型スリーブ)と探触子首振りK走査により、溶接部を死角なく全断面探傷できます。

改良型継手スリーブ(トンボスリーブ)

改良型継手スリーブ(トンボスリーブ)

ガス圧接との比較
項 目 N-NT工法 ガス圧接
品 質 アーク熱による局部溶融が行え溶接条件が適正であれば技術者による品質のバラツキが少ない 技術者の感に頼る要素が大きく接合面にバラツキが出る
接合部
の縮み
縮み代が極めて小さい 鉄筋径程度以上の縮み代が必要
施工順序 先行配筋が可能 順送りの施工が不可欠
継手位置 全数継手(いも継手)施工が可能 半数継手(ちどり継手)が原則
検 査 作業終了後の抜き取り、再溶接・補修が可能 抜取り検査に制約あり
安全性 局部加熱により防災に効果あり 高温加熱のため、火災・火傷の危険性が高い

約40名以上の溶接技術者が在籍、大規模プロジェクトでも迅速に対応

N-NT工法は評定取得業者の責任施工と決められており、JIS技量資格保持者で、かつ「N-NT工法品管研究所」の資格認定を受けた技能者のみが施工できます。当社では技量資格取得者が約40名以上在籍しており(大阪、名古屋、東京)、大規模プロジェクトにも十二分に対応できます。 また、当社専任講師や外部講師を招いた研修などで、つねに自己研鑚し、技術の向上を図っています。

現場作業

現場作業

継手概要

・使用鉄筋

種 類
SD345、SD390、SD490
呼び径
SD345=
D19、D22、D25、D29、D32、D35
D38、D41
SD390=
D25、D29、D32、D35、D38、D41
SD490=
D35、D38、D41
形 状
JIS G 3112 鉄筋コンクリート用棒鋼

・異径間継手範囲

SD345=
D19+D22、D22+D25、D25+D29、D29+D32 、D32+D35 、D35+D38、D38+D41
SD390=
D25+D29、D29+D32、D32+D35、D35+D38 、D38+D41
SD490=
D35+D38、D38+D41

・接続ワイヤ

SD345、SD390=
JIS Z3312で規定するG59JA1UC3M1T炭酸ガス溶接用ワイヤ
SD490=
建築基準法第37条第二号の規定に適合する高張力鋼用ソリッドワイヤ(MG-80)
JIS Z3312で規定するG78A2UCN4M4T

・シールドガス

JIS K 1106(溶接用炭酸ガス)